事業計画書をサンプルを使って作成しよう

事業計画書には決まったフォーマットがありません

事業計画書の書き方サンプルはこちら事業計画書の書き方!

事業を始めたい場合、まず事業計画書の作成から始めることが重要です。
事業内容の整理や顧客獲得方法、資金調達や収支のスケジュールまで細かく整理しておくことによって、これからの事業展開が具体的に見えてきます。
銀行から融資を得たい場合や政府から創業時の補助金を得たい場合には、事業計画書が事前に作成されている必要があります。
特に銀行からの融資を得たいは、事業計画があることによってビジネス内容の融資担当者への信ぴょう性が高まり、査定期間が短くなったり、審査が通りやすくなります。
自分で事業計画を作成したことがない場合は、専門家に依頼することも可能ですがそれなりのコストがかかります。
創業前は資金に余裕がないことが多いはずです。
そのためまずは、自分で作成してみることをオススメします。
自分で作成することによって、自社の事業計画の内容を深く理解することに繋がり、不明確や見通しの甘かった箇所なども見えてきます。
また、今後ビジネスを開始した後に改善したい箇所があれば、自分で作成した経験があるため、随時更新したり改善していくことが出来ます。
では、どのように作成するかという点ですが、実は、事業計画書には決まったフォーマットがありません。

これマジです。
連日、この副業が気になる方からの問合せがすごい。
そりゃそうか。
やるからには初月で6桁万以上稼ぎたいはず。
それなら1ヶ月で初収益化を達成してる人の超シンプルな仕組みを知ってほしい。
1日1時間スキマ時間がある人は絶対やるべき!人生変わります。
もう一度言いますこれマジです。

— さ-ちん@トラリピ初心者🐯普段は社畜だけど最新のWebマーケティングで資金調達中! (@sa_chin_happy_) November 24, 2022

事業計画書には決まったフォーマットがありません自分なりにカスタマイズをして事業計画書を作成していきます会社にとって長い目で見ても大きなメリットに繋がります